絵本がもたらす子どもへの影響とは

絵本が子供にもたらすメリットとは

絵本がもたらすメリット

絵本が与える子供へのメリットとして、まず最初に挙げられるのは豊かな心を得られるという点です。
絵本の世界は子供にとっては別の世界であり、日常とは違う異空間のような存在です。
色彩の美しさやキャラクターの愛くるしさ、物語の面白さに惹きつけられ自分だけの世界を心の中に作ります。
絵本の世界を知ることで想像力が膨らむことによって、大人になってからもその想像力は役に立つでしょう。
それは、相手の気持ちを想像できる大人になれるということです。
人の痛みや辛さを理解してあげられる優しい大人になれるはずです。
そして、小さいうちから文字や言葉に触れさせることで、言葉への理解力が高まり将来的には語彙力も発達するようになります。
大人になれば自分の言葉で話さなければいけない機会は増えてきます。
その時に語彙力の豊かさがあれば伝えるべきことを上手に伝えられるはずです。

愛情のある読み聞かせを心掛ける

このように、絵本にはメリットがたくさんあります。
想像力を豊かにすること、語彙力を身に付けることは子供の頃だけではなく、大人になってからも十分に役に立ちます。
メリットだらけの絵本ですが、読み聞かせをする親も注意すべきことがいくつかあります。
親であれど人間ですから、時にはイライラしたり怒りで声を荒げてしまうことも時にはあるでしょう。
しかし、子供に絵本を読んであげる時だけは愛情を込めて優しく読んであげることを心掛けてください。
子供は言っていることは理解できなくても、親の感情にはとても敏感です。
怒った感情のまま読んだり、何の抑揚もなく冷たい口調で読んでしまうと、子供の心には不安しか残りません。
無意識のうちに「親に愛されていないのではないか」「嫌われたのではないか」と感じ取ってしまうのです。
絵本を読む時は子供のことだけを考えて、愛情を持って接してあげてください。


TOPへ戻る