初めての絵本、どんなの買うべき?

絵本がもたらす子どもへの影響とは

PICK UP!

絵本の素晴らしさを子供に伝えよう

初めてのお子さんであれば特に迷うと思うのですが、絵本は何歳から読んであげればいいのでしょうか。 何歳から興味を持ってくれるのでしょうか。 はたして絵本に適した年齢があるのかどうか、読み聞かせをするのに相応しい年齢について紹介するとともに、どんな絵本が合うのかを紹介したいと思います。

PICK UP!

1歳児、2歳児におすすめの絵本

次は少し成長した1歳児と2歳児におすすめの絵本を紹介します。 0歳に比べるとだいぶ成長が進み、色々なものに興味を持ち始める年齢です。 早い子供であれば2歳くらいで言葉を話せるようにもなるでしょう。 そんな1歳児、2歳児のお子さんを持つ親御さんは是非参考にしてください。

絵本は何歳から読んであげればいい?

小さい頃、両親に絵本を読んでもらった記憶がある方も多いと思います。
絵本は小さい子供にとってはとても魅力的であり、わくわくしたり楽しい気持ちを味わえたりできる大切なアイテムです。
そして大好きな母親や父親に読んでもらうことによって、その声の柔らかさや読んでくれている表情などと一緒に印象に残り、大人になっても優しい思い出としてずっと残るはずです。

そして実際に親となった今、我が子にどんな絵本を読んであげればいいのか、何歳くらいから読み聞かせてあげればいいのか、悩んでいる方は多いと思います。
そんな新米のご両親のために、絵本についてのあれこれを紹介したいと思います。
小さい頃に受けた影響は記憶としてずっと残り、人格形成の一部になるとも言われています。
できるならば小さいうちは優しくて素敵な思い出だけを作ってあげたいものです。
絵本についても同様です。
大人にとってはたかが絵本と思うかもしれませんが、生まれて初めて目と耳にする絵本は赤ちゃんにとっては非常に大切です。
まだ赤ちゃんなのに大人っぽい内容の絵本ではまだ理解ができませんし、内容や絵柄によっては悪影響を与えることもあります。
年齢によって身体とともに心も成長します。
その成長に合った絵本を選んで読み聞かせることが大切です。

ではどんな絵本を具体的には選んであげればいいのでしょうか。
年齢ごとに合う絵本の内容をそれぞれ紹介したいと思います。
また、絵本は子供の心にどんな影響を与えるのか、どんなメリットがあるのかも説明していきましょう。

絵本が子供にもたらすメリットとは

早期から読み聞かせを行うと、子供にどんな影響を与え、どんなメリットがあるのでしょうか。 絵本という世界を通して子供が得るものとは何なのか、将来どのような影響を与えるのか、それぞれのメリットについて探るとともに、読み聞かせる時の注意点についても学んでいきましょう。

TOPへ戻る